痛んだ髪の毛のためのヘアケアブログ

見た目の印象に大きく関わってくる髪の毛のパサつきやボリュームの無さ。このブログでは痛んでいる髪の毛をサラサラつるつるにするケアの方法やおススメのシャンプーなどを紹介していきます。

髪の毛が湿気でボサボサ?!雨の日でも絶対に髪を崩さない方法!!

こんにちは。

雨の日は髪の毛がボサボサになってしまいがちですよね。

この記事では、雨でも髪の毛をぜったいに崩したくない!という人のために、その方法を紹介していきます!

参考にしてみてください。

雨の日に髪の毛が広がってしまう人の特徴。

  • 髪の毛が傷んでいる
  • 髪質が軟毛、またはくせっ毛

軟毛さんは髪がボサボサになりやすい

湿気で髪の毛がボサボサになってしまいやすい人と、そうでない人がいます。

湿気に弱いのは「剛毛」と「軟毛」でいうと軟毛の人。

軟毛さんは、一本一本の髪の毛が細いこともあり、雨の日や、湿度の高いところに行くとうねりが目立ちます。

髪の毛が傷んでいる

髪の毛が傷んでいる人は髪の表面のキューティクルが剥がれて、髪内部の水分が外に出ていきやすくなっているのと同時に、外部の刺激にも弱くなっています。

湿度が高いと、必要以上にその水分を吸い取りすぎてしまって、髪の毛がボサボサになってしまいます。

湿気対策!!

湿気に負けないスタイリング剤はコレ。

湿気の多い雨の日に使用したいスタイリング剤は、

  • オイルタイプ
  • クリームタイプ
  • スプレータイプ

この3つです。

ミストタイプ、ローションタイプ、など水気の多いスタイリング剤がありますが、これらは湿気の多い雨の日や梅雨の時期に使うことはおススメしません。

雨の日にはなるべく水分の少ないスタイリング剤を使うことがポイントなんです。

水分が多くて、うねってボサボサになっているのにさらに水分を与えると、さらにボサボサになってしまいます。

上にあげたように「オイルタイプ」「クリームタイプ」「スプレータイプ」を使うと、髪の毛がしっとりした重ための仕上がりになると思います。

ストレートヘアの場合はスプレーをソフトタイプにするなどして調整するといいでしょう。

トリートメントを付ける

スタイリング剤で固めてしまう、というのが一番湿気に髪を崩されない方法ですが、特にスタイリングをしない場合には必ずトリートメントを付けてから外出するようにしましょう。

トリートメントは髪の毛の表面を覆って外部の刺激から髪を守ってくれる役割がありますので、髪の毛が水分を必要以上に吸い取ってしまわない効果も期待できるのです。

トリートメントでしっとりしている髪の毛がうねりづらいイメージは沸きますよね。

正しいヘアケアの習慣で湿気に強い髪が作れる!

普段のシャンプーやトリートメントの仕方でも、湿気に強い髪の毛を作ることができます。

どうしてかというと、普段のケアでも髪の毛はダメージを受けてしまうからです。

ダメージを受けた髪の毛は湿気に弱い髪質となってしまうので、雨の日に髪の毛がボサボサしないためには、日ごろのケアから見直していく必要があります。

正しいヘアケアの方法についてはこちらの記事で解説しているので、参考にしてみてください。

www.damageheir.com

おススメのヘアトリートメント。

正しいヘアケア方法も大切ですが、それよりも重要といっていいのが、どんなシャンプーやトリートメントを使っているか?です。

頭皮や髪の毛に刺激が強いものを使うことはおススメしません。

特に、湿気で髪がボサボサになる!ということが気になる場合には「トリートメント」を工夫すると手っ取り早く、髪質を改善して湿気に強い髪の毛を作ることができるかもしれません。

 

軟毛さんの髪の毛がうねってしまいやすいのは、剛毛さんに比べて軟毛さんの髪の毛が「傷みやすく、内部に栄養が足りていない」という状態だからです。

そこで内部補修ができるトリートメントを使い髪の毛の内側にしっかりと栄養を与えてあげます。

髪の毛が健康な状態に近づけば水分が入り込むことを防いでしまえるので、ボサボサになるのを防止できます。

こちらの記事で詳しく解説している、ミルボンのトリートメントは、私も実際に使ってみた結果、湿気対策にも良いと思ったのでおススメです。

www.damageheir.com

【ミルボン】ディーセスノイデューエシルキーリュクスヘアニュートリエントを使ってみたレビューと感想。 - 痛んだ髪の毛のためのヘアケアブログ

湿気に負けない!前髪をセットする方法!!

雨で前髪を崩さないためにできる一番の方法はやはりスプレーで固めてしまうこと。

アイロンをしてからスプレーで固めて、しっかりスタイリングすることで、多少の湿度には負けない前髪を作ることができます。

手順はこちら。

  1. 水で湿らす
  2. ドライヤーで乾かして、スタイリングしやすい状態にする
  3. ブラシで整える
  4. アイロンでさらに整える
  5. スプレーを吹きかける
  6. 毛先をワックスで整える

この順番できちんとセットしてあげると雨の日でも崩れづらい前髪が作れます。

まとめ

いかがでしたか?雨の日でも髪の毛がボサボサにならない、湿気に負けないスタイリングの仕方や強い髪を作る方法を紹介しました。

梅雨の時期は特に髪型が崩れてイライラしがちかもしれません。

ぜひ普段のケアから力を入れてみてくださいね!